脱毛サロン【秋葉原】予約取りやすい事で話題のサロンを格安で利用する方法とは

秋葉原で脱毛する時
どの部位を脱毛したいかでおすすめのお店が変わります。

 

全身脱毛がやりたい方はキレイモがおすすめです!

 

ワキ脱毛ならミュゼがおすすめです!

 

キレイモ

 

なぜ、キレイモで全身脱毛をお勧めすのか?それは、3つの理由があるからです。
全身脱毛のサロンを選ぶとき、どこも大差ないだろう?
と思うのは大間違いです料金も施術内容も、キレイモだからこそ、お勧め出来る理由があるのです。まずは、料金体制です。とにかもかくにも、安いのです。
この安さが、キレイモの最大の魅力といっていいでしょう。
無理する事なく通う事が出来る月額制度プランになっているのです。
キレイモの全身脱毛月額プランで、一番お安いプランは月額9500円です。また、ローン制度を利用しません。通った回数だけの支払いになっています。自分のペースで気楽に全身脱毛を開始する事が出来ます。嬉しい事に、毎月定額制でサロンの空がある限り、何度通ってもOKなのです。 また、予約が取り易いという点でも嬉しいですね。キレイモも特徴として、少ない回数で十分な効果が期待できる施術方法であるという点も見逃してはいけませんね。
そして、脱毛プランをセレクト出来る点も特徴です。
キレイモの特徴に2つの全身脱毛プランがあります。 1つの目が美白や痩身効果まで得られる、「プレミアム美白脱毛」で、2つ目が、「スリムアップ脱毛」です。この方法は実にお得感があります。お得な内容が、ぎっちりです。一般的な全身脱毛とほぼ変わらぬ料金でスキンケアとボディケアも同時に行う事が出来ます。とにかくムダ毛処理だけでなくトータル的に綺麗になる事が出来ますね。
料金的にも時間的にも、とってもお得感があるプランになっていると思います。
3つ目の理由として、脱毛出来る箇所が多い事がおすすめの理由になります。

 

全身脱毛プランって、実にサロンにより違いが生じるものです。脱毛してもらえるは、箇所キレイモが業界で一番です。なんと!33箇所脱毛してもらう事が可能です。
同じお金を払うなら、断然お得に感じるでしょ。キレイモならではの対応ですが、顔脱毛、Vライン、Iライン、Oラインといった所迄対応しています。こうした部分って、大抵のサロンでは対象外なんですよね。
このサービスとコスパから考えると、キレイモに決まりですね。

 

ミュゼ

 

みなさん、脱毛サロンといったらどこをまず思い浮かべますか?
ミュゼと答える方が多いと思います。
ちょうど10年前ほどに、ニードル脱毛が主流だった脱毛業界に
光脱毛が登場して、さらに低価格で高品質のサービスを提供しているミュゼは
脱毛美容のパイオニアといってもいいんじゃないかと思っています。
私も通ったことがあるのですが、何より低価格なことと効果が出るのが本当にはやい!
18回くらい行かないと効果がないと、周りからは聞いていたのですが
ミュゼだと3回通ったころから毛質が変わってきて、剛毛だった毛も細くて産毛のような毛質に変わっていったんです。
4回目からは自己処理も不要になるくらい。かなり便利でした。
それと、脱毛が終わった後にローションを塗ってもらえるんですが、ローションに美容成分がたっぷりなんです。
脱毛後の少し敏感になった肌に潤いを与えてくれて、さらに美肌効果も期待できるので
ただ脱毛するだけではなく、美肌になりながら脱毛できるのがいいところ。
脇なんて、脱毛できても肌が荒れていたら意味ないですもんね。
また、施術も早くて両脇だけだと3分程度の時間で光脱毛が終わっちゃうんです。
しかも、誰もが怖いと思ってしまう痛みですが、ほとんど感じませんでした。
特に痛みに弱いので心配して行ったのですが、本当に全然痛くなくて驚いちゃいました。

これなら、もっと早くにやっておくべきだった・・・。と後悔したのは言うまでもありません。
しかも、無理な勧誘がないのもいいところです。美容サロンというとどうしても勧誘のイメージが強くなってしまうと思うのですが、
ミュゼだとその心配がないように思います。私は友人の紹介で行ったのですが、勧誘は一切なく脇のみの脱毛をしてもらいました。
それと、引っ越しをしても全国に店舗があるのでサロンを移動することができるんです。
せっかく始めたのに、一度しか行けないなんてもったいないですよね。
全国180店舗もあるので、転勤しても引っ越ししても安心して脱毛をスタートすることができると思います

アトピー持ちの全身脱毛

もともと肌が弱いアトピー持ちの人の場合、全身脱毛をすることができるのでしょうか。アトピー持ちでも全身脱毛をすることは可能ですが、ステロイド剤などを服用している場合や、ステロイド剤を塗布している場合などは、全身脱毛を行うことはできないようです。ステロイド剤を使用している間というのは、脱毛効果が得られにくいため、施術を断っているというサロンが多いようです。アトピー持ちの人が全身脱毛を行うことは、実はメリットが高いと言われています。ムダ毛が気になるためにカミソリなどで自己処理を繰り返してしまうと、ただでさえ肌が弱く刺激にも弱いアトピーの肌にとても大きな負担をかけてしまい、肌トラブルを誘発してしまいます。アトピーの悩みだけではなく、余計な肌トラブルの悩みまで抱えてしまうと大変ですよね。しかし、全身脱毛を行うことで、このような自己処理によって引き起こされる肌トラブルを防ぐことが出来るため、アトピーの方が全身脱毛をすることにはメリットがあるようです。ただ、やはり肌に何かトラブルが起こるといけませんので、エステサロンよりはクリニックでの全身脱毛の方が安心できるのではないでしょうか。


ストレスを溜めないように!

女性がストレスを溜めるとどうなるのでしょうか。普通、女性というのは女性ホルモンの方が男性ホルモンよりも強く働いていますが、ストレスによって自律神経のバランスが乱れてしますと、男性ホルモンの働きが強まってしまうことがあります。この男性ホルモンの働きが強まってしまうと、実はムダ毛が濃くなってしまうことがあるんです。一般的に男性と女性では、男性の方が体毛は濃くいことが多いですよね。これは、男性は女性ホルモンの働きよりも男性ホルモンの働きが強いためです。つまり、男性ホルモンの働きが強くなってしまうと、女性でも男性のように体毛が濃くなります。つまり、ムダ毛が濃くなってしまうということです。自律神経のバランスというのはとてもデリケートで、ストレスによって簡単に崩れてしまうそうです。出来ればストレスを溜めこまないようにすることで、ムダ毛が濃い。といった悩みを解消することが出来るのではないでしょうか。ストレスによって引き起こされる自律神経の失調は、ホルモンバランスの崩れ以外にもいろいろありますから、出来るだけストレスを溜めないようにすることはとても大切と言われています。


災害時に備えて全身脱毛

災害と言えば、今から2年前は東北で非常に痛ましい震災がありましたよね。
道路などのインフラ設備などの復旧はだいぶ進んでいるようですが、まだまだ生活基盤を支える機能は復興していない状態みたいです。
こういった災害後にもなんですが、脱毛を行うことは出来ません。お店の方も被害が出てしまっていますし、付近の顧客もそれどころではないので、災害が起こってしまったらこういった脱毛サロンなどのお店は閉まってしまうことでしょう。
災害後といえども、美容に気を使っていた人にとってはそれでも自分の美容がきになってしまうものです。
こういったことに、備える意味でももしもの災害が起こる前にある程度全身脱毛をしておくといいかもしれませんね。
一旦、起こってしまったら美容どころか食料の確保や生活する場所の確保で非常に難儀するのが災害です
でも、その後、災害が収まってくるとやはり徐々に自分の美容も気になってくるものです。
災害時は命の確保が大事になる訳ですが、災害後は通常の生活に戻っていくのですから美容も気にしだすころあいです。そういったことに備えて今のうちから脱毛しておくのも悪くないかもしれません。


全身脱毛する時はどんな服装で行くべき?

全身脱毛するときに限らず、脱毛しに行くときはどんな格好で行くべきか悩んでしまいますよね。
特段、どんな格好でも良いと思いがちですが、特に夏場は服装に気を付けないといけないみたいです。
それは、夏場は露出した格好ですと当然、日焼けをしてしまうためです。
日焼けをしてしまうと、メラニン色素が反応してしまい、脱毛に支障が出てしまうのです。
痛みも非常に感じやすく、さらに脱毛効果も期待することは出来ないという全く無意味な状態になってしまうのですね。
ですので、もしも全身脱毛を行うのであれば、服装は露出の少ない、しっかりと足や腕をカバーしてくれる服装で脱毛店に赴くようにしましょう。
暑いですが、少しの我慢ですので、なるべく長袖を心掛けて脱毛しに行きましょう。
店内では、専用のパンツなどを穿いて脱毛しますので、入店してからはあまり気にせずに脱毛施術を受けることが出来ます。
このように、基本的にはどんな服装で脱毛しに行ってもいいのですが、特に夏場は日焼けによる脱毛効果の低下を防ぐためにも、長そでで脱毛しに行きましょう。


全身脱毛と汗の関係

全身脱毛ではあらかじめ、色々なことに気を付けとかなければいけません。たとえば、脱毛前には日焼けを控えたり、生理中は脱毛施術を控えたりなどです。
こういった気を付けなければいけないものに汗もあります。
どうして、汗なのかというと、脱毛をした後と、する前とでは汗をかく量が違ってくると言われているためです。折角脱毛したのに汗まみれになってはちょっとと考えてしまうかもしれません。
実際に、脱毛した後に汗を大量に書くようになったという口コミも多いみたいです。
しかし、実際の所、全身脱毛をした後とする前とでは汗をかく量は基本的に同じです。
ではどこが変わったのでしょうか。それは、脱毛したことによってそれまで汗を吸収していた無駄毛がなくなってしまったことでしょう。
脱毛する前では、無駄毛が汗を吸収してそれほど汗をかいても気にせずにいたのが脱毛したことで無駄毛がなくなってしまい、汗を感じやすくなってしまったのです。
このように、全身脱毛をすることで汗を吸収していた無駄毛がなくなり、それによって余計に汗を感じやすくなったのです。全身脱毛と汗はこのような関係があったのですね。


突然のお泊りに備えて全身脱毛

突然何らかのイベントが起こった場合に備えて、全身脱毛をするという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、脱毛というのは非常に時間がかかるものです。
特にエステサロンでの脱毛は、最低でも1年は継続して通わなければ脱毛効果を実感することが出来ません。
医療クリニックでの脱毛も同じで、エステサロンでの脱毛よりも短期間で仕上がることが出来るとはいえ、ある程度時間を必要とするのでは同じです。
ですので、突然のお泊りやイベントが起こってしまってから、脱毛の準備をするのではなく、まだそういったイベントやお泊りなどの予定は入ってこないけど、それに備えて全身脱毛を申し込んでおくというスタンスで準備しておくことが大事でしょう。
とく、こういったイベントが起こりやすくなる夏直前は非常に脱毛サロンも医療系脱毛もお客でごった返す時期でもありますので、思い立ったらすぐにでも予約をしておくことが大事です。
脱毛には、時間がかかります。そのため、突如発生したお泊りイベントには早急に対応することは出来ません。ですので、そういう予定が入る前にあらかじめ脱毛の準備だけはしておきましょう。


キャバ女をするなら全身脱毛しておこう

女性の中には憧れの職業の一つでもあるのが、実はキャバ女ともいわれています。とてもセクシーな衣装を身にまとって仕事をするキャバ女は、魅力的な女性でなければ務まりにくい職業でもありますよね。そのセクシーな衣装を着るためには、はやりムダ毛が生えているというのは避けたいですよね。一般的な女性であれば、ワキや腕、ひざ下などの脱毛を行うという人が多いようですが、キャバ女の場合は、背中やデコルテ、またお化粧のノリを考えると顔脱毛などさまざまなパーツの脱毛をしておきたいと思うと思います。別々に脱毛を行っていくと時間もかかりますし、費用もかさんでしまうことが多いため、できれば最初から全身脱毛をしてしまうと良いようです。キャバ女の場合は、髪をアップに結い上げることも多いですから、うなじなどもキレイにしておきたいですよね。魅力的な女性であれば、固定客もできやすく、それだけお店の売り上げにも貢献することができます。キャバ女をしたいと思うのであれば、全身脱毛をしておくことは、もやは一般的なことだと思ってもいいのではないでしょうか。


スポーツクラブに行く予定の方は全身脱毛しておこう

健康のためにスポーツクラブに通ってみたい。と考えている人は年々増えているようです。いざスポーツクラブに通ってみると、意外にみんなとてもきれいな肌をしていることに気が付くことが多いようです。特に、プールのあるスポーツクラブなどでは、ワキも腕も足もムダ毛など生えていない人が多いようです。スポーツクラブというのは、実は普通の服に比べると露出度の高いトレーニングウェアを着ていたり、水着を着ていたりする人が多い場所でもあります。また、シャワールームやバスルームがあるというようなスポーツクラブも多いですし、サウナ施設などをもっているスポーツクラブも多くなっています。スポーツクラブに通うために恥ずかしいから毎回自己処理でムダ毛処理をしているという人までいるそうです。しかし、スポーツクラブに通う度に自己処理を繰り返していては、肌もトラブルを起こしやすいですよね。ですから、スポーツクラブに行く予定の方であれば、全身脱毛を行っておくととても快適にスポーツクラブで過ごすことが出来るそうです。スポーツクラブに行くために自己処理をするのは面倒ですよね。そのようなことがないように、全身脱毛しておくと便利ですよ。


今妊娠してるけど、全身脱毛できる?

妊娠した女性というのは、さまざまな意味で不安定になりやすいですよね。いつも以上に不安定なこの時期、実は全身脱毛をするにはとても不向きな時期でもあります。妊娠中というのは、かなりホルモンバランスが崩れやすく、肌トラブルが起こりやすい時期でもあります。いつもはニキビなどはできにくいのに、妊娠中にはニキビができたとか、肌荒れなどはあまり怒らないのに、ちょっとしたことですぐに肌荒れをしてしまう。というのが妊娠中の特徴でもあります。全身脱毛は決してお腹にいる胎児に対して何かしらの悪影響があるということはないようですが、妊娠中の女性の肌に対しては、過剰な刺激として肌トラブルを誘発してしまう可能性があります。また、脱毛の刺激によって直接的に胎児に影響がないとしても、間接的な影響がある可能性もゼロではないそうです。現在主流と言われているレーザー脱毛や光脱毛はまだ歴史も浅い方法ですから、完全に影響がないという研究結果などはないそうです。電気針脱毛などはかなり刺激も強いため、子宮の収縮などの影響が起こらないとは言えませんので、母体保護と胎児保護を考えると、妊娠中は全身脱毛は行わないようにした方がいいようです。

 

全身脱毛で痛い部位、痛くない部位

レーザー脱毛や光脱毛は痛みの少ない脱毛方法ではありますが、実は全身脱毛をしていくと、痛みを感じやすい部位と痛くない部位があることに気が付きます。この痛い部位と痛くない部位はどこなのでしょうか。普段外からの刺激を受けやすい部位というのは、実は痛くない部位でもあります。例えば、腕の外側や脚などになります。この部位については、もともと外からの刺激を多く受けていますので、皮膚自体も他の部分に比べれば丈夫ですし、刺激に対しても強い部分です。とくに腕のヒジ下のあたりの外側などは、痛みをほとんど感じないという人が多いそうです。一方、痛い部位というのもあります。それは皮膚の色が濃くなってしまっている部分や皮膚がもともと薄い部分、体毛自体が濃く太い部分になります。この部分というのは、共通して外からの刺激を受けにくい部分になります。例えばワキやデリケートゾーン、足の指やうなじ、もみあげ、乳輪回りなどの部分になってきます。デリケートゾーンや乳輪回りは肌も色素沈着などが起きていて色が濃くなっていることも多いため、痛みは感じやすいそうです。

 

敏感肌でも全身脱毛して平気?

敏感肌の人はいろいろな面で制限を受けることが多いですよね。おしゃれをしたいと思っても、化繊記事の服では肌荒れしてしまうような敏感肌の人だと、脱毛なんてムリ。と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。実際、敏感肌の人が全身脱毛をすることは可能なのでしょうか。実は、その敏感肌の度合いによっても異なりますが、多くの場合には大丈夫だそうです。例えば、アトピー性皮膚炎で、ステロイド剤などを服用しているという場合には残念ながら脱毛施術は難しいそうですが、一般的な敏感肌の方であれば、全身脱毛は大丈夫と言われています。脱毛サロンやエステサロンの場合ですと、テスト脱毛などを行ってみると良いようです。さらに、心配という方でしたら、医療従事者のいるクリニック系サロンでカウンセリングをして、施術を行うと安心できると思います。クリニック系のサロンは万が一のトラブルの時にはすぐに対応をしてもらうことができますので、敏感肌で悩んでいる人にはおすすめになっています。敏感肌の人が全身脱毛を行うと、自己処理によって肌トラブルを起こすことが減るため、良いという話もありますので、チャレンジしてみることもよいのではないでしょうか。

 

全身脱毛中も自己処理しないとダメ?

全身脱毛を行っている間、気になるのはやはり自己処理はどうしたらいいのか?ということですよね。サロンなどでは、脱毛施術中は、毛抜きによる自己処理などは行わないように言われますが、実はシェーバーなどによる自己処理は行う必要があるそうです。全身脱毛中はまだ体毛を再生させる組織自体は活動をしている毛穴も多くありますから、当然ムダ毛が再生されて伸びてくることがあります。特に全身脱毛に通い始めてすぐなどは、これで本当に施術をしたの?効果があるの?と感じるくらいムダ毛の再生は行われてきます。この体毛が気になるという人であれば、当然自己処理は行わないといけませんよね。また、施術をうける2〜3日前には自己処理によって剃毛をしてくるように指示をうけますから、当然自己処理をすることになります。この自己処理ですが、カミソリによる自己処理でも構わないそうですが、できれば電気シェーバーなどで、肌に負担をかけない方法で処理をした方がいいそうです。毛抜きで抜いてしまうと、次回施術をするときに、抜いてしまった毛穴については施術効果を得ることができなくなるため、レーザー脱毛や光脱毛施術中には、抜毛はせず、剃毛処理をするようにと指示されます。

 

脱毛器を使えば、自宅で全身脱毛できるの?

最近では家庭で気軽に自分で、まるでエステサロンや脱毛サロンのように光脱毛を行うことが出来る家庭用脱毛器が販売されていますよね。サロンに通うことなく自宅で脱毛ができるとして大変人気があるようです。しかし、この家庭用の脱毛器で自宅で全身脱毛はできるのでしょうか。結論を言えば、一人で全身脱毛を行おうと思うとかなり大変ですが、できないことはないが、どうしても自宅で脱毛器を使って全身脱毛をしたいのであれば、誰かに施術をしてもらうほうが安全にできる。といえます。というのは、どうしても一人では施術しにくい部分というものがあります。背中や腕の裏、デリケートゾーンなどは難しいですよね。安定しない格好で脱毛施術を行うと、ヤケドなどの心配も出てきます。また、脱毛器によっては、顔の脱毛はできないとしている機器もあるようです。全身脱毛を行うにはそれなりにランニングコストも高くなってきます。サロンでは技術を身に着けたスタッフが施術を行いますが、自宅では素人が行うことになりますので、施術ムラなども起こりやすいようです。このような点がありますので、家庭用脱毛器で全身脱毛を行うのかどうかは判断した方がいいのではないでしょうか。

 

シェービングでムダ毛処理のデメリット

シェービングはムダ毛処理するときには非常に使いやすいですが、その反面、デメリットも存在します。そこで、そのデメリットについて紹介します。まずシェービングでムダ毛処理するときのデメリットには、「ムダ毛がすぐ伸びてきてしまう」ということがあります。シェービングは脱毛サロンなどに行くのと違って脱毛効果はありませんので、仕方ないことですね。脱毛とは違って皮膚の表面に出ている毛を切るだけなので、本質的な効果がないことはすぐ分かりますよね。また他のデメリットとして、「肌に負担がかかる」こともあります。シェービングでムダ毛処理をすると、肌の皮膚にまで傷をつけてしまい、結果的に肌荒れの原因を作ってしまうことにもなります。俗にいう「カミソリ負け」ですね。これは不潔な状態でムダ毛処理をしたり、お手入れが行き届いていない状況で処理をする場合に起こるもので、「こまめにいそがず丁寧に」行なっている場合はほぼ回避できるものです。しっかりと気をつければシェービングを使ってもしっかりとムダ毛処理ができるはずですが、こんなデメリットも有る、ということも覚えておいてください。

 

脱毛する時、旦那や彼氏に相談しますか?

脱毛は彼氏や旦那さんのためにもしておきたいものです。いいムードの時にワキや足のムダ毛が処理されていないと女性側もためらってしまいますし、男性側もなんとも言えない状況になってしまう、なんていうこともありますからね。しかし脱毛をする際にはお金がかかりますし、お金を稼いでいるのが旦那さんだったりする場合には特に、「相談したほうがいいかな?」と悩む人が多いです。私はもしも自分自身に収入がないのなら話すと思います。脱毛は非常にお金がかかる場合もありますからね。しかしわきとVラインのセット脱毛のような非常に安いものの場合は言わないかもしれません。もしも旦那さんや彼氏に言いづらい場合は、「自分でお手入れしているとお肌にも悪いから」といったような明確な理由、根拠を元に話すようにするといいかもしれません。旦那さんや彼氏さんからしても自分の嫁さん、彼女さんを傷つけたくは無いと思いますから、しっかりとそのような危険性を認識してもらうことが必要ですよ。脱毛する時旦那や彼氏に相談する、しない、は人の勝手ですが、できればした方がいいのではないでしょうか。

 

夏までに脱毛終わらせるなら、どの時期から始めるべき?

 

脱毛したいと思い立った時が脱毛を始める一番よい時期ですが、せっかくなら最適な時期に脱毛サロンの施術を開始したいものです。露出が多い服装を着たくなる夏はムダ毛が気になりますので、それまでに脱毛を終わらせられたら一番理想的です。夏までに脱毛を終わらせるには、どの時期から脱毛を始めればいいのでしょうか。
 脱毛サロンの繁忙期は7〜8月だそうです。やはり多くの女性がムダ毛処理を気にする時期なのでしょう。しかし、この時期に脱毛を始めたのでは遅いのです。なぜなら、脱毛は1回では終わりませんし、ほとんど効果がないからです。脱毛サロンは、毛の生え変わりの周期に合わせて3カ月に1回の施術をしますから、7月に脱毛しても次の施術は10月になります。
 夏までに脱毛を終わらせるためには、もっと前の、秋から始める必要があります。
 秋に始めていれば、来年の薄着になる春夏には納得のいく効果が出始めます。まだ完全に終わってはいませんが、今までより処理が楽になります。
 また、肌ダメージが少ない秋なら肌トラブルも少なく脱毛できます。秋は肌の露出が少なくなるので、ムダ毛処理の回数も減り、夏より肌はダメージを受けにくくなります。冬は乾燥、夏は紫外線によるダメージがあるので、肌への負担が一番かかる1〜2回目は秋か春に行うのがいいのです。
 日焼けした肌では脱毛できないということも秋に脱毛を始める理由です。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、メラニン色素に反応する為、日焼けした肌では施術を受けられません。夏は最も脱毛に向いていない季節と言えます。
 来年の夏のために、今年の秋から脱毛を始めましょう。

 

脱毛クリーム

 

脱毛クリーム使用時のメリット

ムダ毛の自己処理の際には、毛抜きやカミソリを使う人が多いようですが、脱毛クリームを使った方がいいとの情報があります。脱毛クリームは、アルカリ性であるクリームが毛を溶かすという仕組みになっています。つまり、毛穴に何も残らないので見た目にきれいに仕上がります。
 脱毛クリームのメリットは、手軽で簡単ということがあります。一見使い方が難しそうに感じられますが、実は非常に簡単です。使用方法は塗って少し時間を置くだけです。これだけで、つるつるの肌になれます。クリームは肌に浸透しやすいので、毛穴にもすぐに浸透します。
 痛くないこともメリットです。肌への負担が比較的軽いですし、毛穴にバイ菌が入って炎症を起こすなどという肌トラブルも少なくなり、衛生的に脱毛することができます。カミソリや毛抜きなどで自己処理するよりはずっと肌への負担も少なく、キレイに仕上がるようです。肌が弱い人は、クリームをパッチテストなどで試してから使用すると安心です。
 ドラッグストアなどで誰でも購入できます。夏場になれば需要が多くて店内の目立つ場所においてありますが、それ以外の季節では見つけづらいかもしれません。そんなときは、通信販売やインターネットでも簡単に購入することができます。
 ワキや腕、脚、背中など、脱毛可能な部位が広いということもあります。クリームが塗れる場所はすべて脱毛ができるというわけです。
 肌へのダメージが少なく自己処理ができる一番いい方法のようですね。

 

脱毛クリーム使用時のデメリット

脱毛クリームは、化学的にムダ毛を溶かすもので、劇薬のようなイメージを持つ人もいるかと思います。脱毛クリームは、肌を痛めますので注意が必要です。
 脱毛クリーム使用時のデメリットとしては、化学薬品を使ったものが多く、肌荒れすることがあるということです。脱毛クリームは、肌に直接塗って脱毛処理を行うものですので、刺激が強いです。脱毛クリームを塗っただけで肌が赤く腫れたり、かゆみが止まらなかったりするという症状が出る人もいます。
 また、脱毛効果としての効果が薄いということも言えます。脱毛クリームは永久的に毛が生えてこないというものではありません。使用を重ねるうちに毛が細くなっているという効果はあるようですが、そうなるまでには相当な時間や年数がかかります。2、3回繰り返し使っただけでは毛が薄くなりません。個人差はありますが、数か月から数年に渡って根気よく続けていかないとムダ毛が薄くなっていきません。時間がかかるということはそれだけコストもかかります。毛抜きやカミソリなどの自己処理方法に比べると経済的にはよくないと言えます。
 アレルギーのある人は使えません。特に肌が弱い人やアトピー肌の人、すぐに日焼けをする人などは脱毛クリームは使わない方が賢明です。薬剤と呼ばれるくらいですので、肌には多少なりとも負担がかかります。肌が弱い方が使う場合にはパッチテストを行う必要があります。
 肌が弱く敏感な人にとっては特にマイナス要素が大きいため、違うムダ毛処理の方法を行った方がよさそうです。

 

脱毛サロンで火傷になることってあるの?またその時の対応は?

脱毛サロンは技術も進んでいて痛みも少なく安全というイメージがありますが、光を肌に当てるので火傷が心配です。脱毛サロンで火傷になることってあるのでしょうか?
 脱毛サロンでよくあるトラブルとして、火傷がその一つに挙げられます。脱毛サロンは直接肌に影響を与えるもので、光脱毛では肌に照射する光の強さをスタッフが調節して照射します。しかし、人によっては強く痛みを感じてしまったり、強い光を浴びれば火傷のような状態になってしまったりします。また、施術後は非常に肌をデリケートな状態になっているので、きちんとケアしなければいけません。照射時に光のレベルが強かったために、施術後に痒みを感じたり、ヒリヒリとした痛みを感じたりするようなトラブルがあるそうです。このような肌トラブルは少なくないものです。サロン側も火傷を防ぐために、火傷にリスクが高いほくろや色素沈着の部分に保護シートを貼ったり、光を照射するまえにジェルを塗ったりするなど対策をとった上で施術をします。しかし、光の出力が強すぎたり、ジェルの量が少なかったりなど、脱毛においては火傷は避けられないリスクのようです。医療レーザーでも火傷のリスクは同じです。
 もし万が一、火傷を負ってしまった場合、どのような対応をすればいいのでしょうか。一番はエステシャンにきちんと申告することです。サロンのほとんどが医療機関と提携していますので、医療機関を紹介してもらってすぐに処置してもらいましょう。また、火傷は冷やすことが大切です。時間をおかずにすぐ冷やすようにしましょう。

 

脱毛サロン、未成年は親の同意が必要なの?

脱毛サロンで契約をする人が未成年の場合、親の同意が必要なのでしょうか。
 未成年が脱毛サロンに通うことは可能ですが、やはり親の同意書が必要です。未成年は、まだ親の保護下にありますので、保護者である両親の同意が絶対に必要です。
 自分でこの同意書を書いてしまう高校生がいるという話も聞いたことがありますが、同意書を自分で書いては同意書の意味がありません。両親に納得してもらうための同意書ですから、当然のことですが両親に同意書を書いてもらわなければなりません。
 体験コースやキャンペーンなど回数が少ないものは安いからと言って両親に相談せずに自分で同意書を書いてしまう人もいるようですが、やめましょう。万が一何かあったときに、両親に迷惑がかかります。
 例えば、安いキャンペーンだからといっても一回の中で何が起こるか分かりません。ワキの体験脱毛に申し込んで一回目にトラブルが発生し。直径1cmの色素沈着がワキに残ってしまったとします。すると、このシミと一生付き合っていかなければなりません。治療すれば治ると言われても、同意書を自分で書いて両親に何の相談もしていなければ、必ず両親はそのことを知ることになりますし、トラブルが深刻な場合は裁判にまで発展してしまうこともあります。もしトラブルがあった場合に、同意書を自分で書いたとなれば問題にもなります。エステ側としてもトラブルを避けるために同意書を書いてもらうので、自分で書いてしまえば責任は100%とってくれません。
 同意書を書いてもらうのが無理なら、成人するまで待ちましょう。

 

体調が悪い時はキャンセルする!

全身脱毛でサロンに通っている期間中、いつも体調万全でいられればいいのですが、日によって体調が悪い時もあると思います。せっかく予約をしているので体調不良の時でもそのまま脱毛の施術を受けてもいいのか、治るのを待って別の日に行った方がいいか悩むところです。どうしたらいいのでしょうか。
 体調が悪い時は脱毛をしない方がいいです。いくら肌に負担が少ない脱毛方法でも、健康な時の肌の状態とは違って、体調の悪い時は肌が通常よりも敏感になっていて、刺激に耐えられない可能性もあります。炎症が長引くこともあるそうです。生理前も肌が過敏になっていますので、いつもより痛みを強く感じやすくなっています。 
 また、いくら最新技術を使っているからといっても、脱毛エステは医療機関ではないので、体調が悪い時に施術を行って、トラブルが起きても対応できない可能性が高いです。そのため、具合が悪かったり、風邪薬や解熱剤などの薬を服用していたりする時は、サロン側から施術を断られる場合もあります。
 急なキャンセルによってキャンセル料がかかる場合もありますので、体調が悪くても施術を受けたいと思ってしまうかもしれませんが、せっかくムダ毛をなくして肌をきれいにしたくて通っているのですから、無理してトラブルが起きる可能性を考えれば、無理をせず思い切ってキャンセルし、しっかりと体調を回復させてから脱毛するようにしましょう。

 

針脱毛

 

針脱毛のメリット

針脱毛は、ニードル脱毛とも呼ばれ、毛穴に差し込んだ針から電気を流し、1つ1つの毛根を破壊していく方法のことです。針脱毛に使われる針は、絶縁針とニードル針の2種類です。絶縁針は、毛穴に差し込んだ時に針が直接皮膚に触れないように、特殊コーティングされているもので、使用できるのは医療機関のみです。その代わり、エステでは、チタンやゴールドで加工されたニードル針が使用されています。
 針脱毛のメリットは、なんと言っても確実に永久脱毛効果が得られることです。ワキやVIOラインなど色素沈着を起こしている皮膚や、埋没毛、バストトップぎりぎりの部分など、レーザー脱毛では対応しにくい部分に適した脱毛法と言えます。
 ほかにも、黒さが不十分な産毛や白髪でも脱毛ができることや、毛が成長期でなくても脱毛処理ができることなど、レーザー脱毛のデメリットになっていることをカバーして、永久脱毛処理することができます。
 肌の質を選ばないのも針脱毛のメリットと言えます。レーザー脱毛の場合は、日焼けをしていると施術を受けることができないこともありますが、針脱毛であれば大丈夫です。また、シミやアザ、ほくろなどメラニン色素が濃い部分でもしっかりと脱毛することができます。アトピーの人でも脱毛施術を受けることができます。
 膝下や腕などは範囲が広くて時間がかかってしまいますが、ワキやビキニラインなどの狭い範囲には針脱毛が適しています。部分脱毛を考えている人は針脱毛を候補の1つにしておいてもよいでしょう。

 

針脱毛のデメリット

 

針脱毛のデメリットは、とにかく痛みが強いということです。毛穴に針を差し込むよりも、電気を流すときの痛みの方が強いそうです。1本につき10秒ほど電気をながすため、それに耐えるのは相当のストレスになります。医療機関での施術のみ、麻酔の使用も可能です。エステを受けるときは、どんな痛み対策をしているかを必ず確認しておきましょう。
 また、ある程度毛を伸ばしておかないと施術ができないのもデメリットです。露出の多くなる夏場などには受けるのが難しくなります。
 施術者の技術によって脱毛効果が異なるのもデメリットと言えます。エステでも医療機関でも、針脱毛を行えるのは専門の研修を受けた有資格者と決まっていますが、個人の技能には大きな差があります。感じる痛みや脱毛にかかる時間、効果などは施術者のテクニックに大きく左右されますので、担当者の実績や経験をキチンと確認して、安心して施術を受けられるようにしましょう。
 また、脱毛処理時間がかかることも挙げられます。1本ずつ脱毛処理をするため、脱毛処理に長い時間がかかります。一回の施術で約2時間くらい痛みに耐えなければなりません。
 技術力も時間も手間もかかりますので、その分レーザー脱毛よりも料金が高くなることもデメリットです。
 この他にも様々なトラブルがあります。火傷や内出血、かさぶた、炎症、色素沈着、腫れ、かゆみなど、針を刺して電流を流す方法のために肌トラブルが起きやすいのです。
 針脱毛のメリットやデメリットなどの特徴をしっかり理解して、自分に合った脱毛方法を選べるようにしましょう。